ホラー映画「事故物件 恐い間取り」(8月28日公開)の完成記念イベントが東京都内で開かれ、アイドルグループ「KAT―TUN」の亀梨和也、俳優の瀬戸康史らが登場した。

 テレビ番組への出演を条件に、殺人事件などが起こったいわく付き物件に住むことになった売れない芸人山野ヤマメ(亀梨)が、さまざまな怪奇現象に遭遇する物語。瀬戸は、山野のコンビの相方を演じる。

 東京都出身の亀梨は関西弁を話す役どころで「方言指導の先生からもらったデータを聴くのはもちろん、関西出身の友達とコミュニケーションを取るように心掛けた」と役作りの一端を明かした。

 映画では瀬戸とコントを演じる場面も。瀬戸は「(売れない芸人役とはいえ)お客さんの視線が冷たかった」と振り返り、亀梨も「芸能生活20年以上で、ありがたいことにああいう視線を浴びることがなかった。何をやっても響かないのが一番ホラーでした」と笑わせた。

 イベントには他に、共演の奈緒、江口のりこ、木下ほうかが出席した。