自民党は22日、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」計画の断念を踏まえ、ミサイル防衛の在り方を協議する検討チームの会合を党本部で開いた。森本敏元防衛相と河野克俊前統合幕僚長から見解を聴取。両氏とも「地上イージスが必要だ」との認識を示した。会合後、座長の小野寺五典元防衛相が記者団に明らかにした。

 会合で、2人の有識者は、ミサイル防衛を巡り、日米の役割分担の基本は変わらないという前提で、日米が協議すべきだとも強調した。

 検討チームは8月上旬にも提言を政府に提出する方針。政府の国家安全保障会議(NSC)の議論に、提言の内容を反映させたい考えだ。