立憲民主党の福山哲郎、国民民主党の平野博文両幹事長が22日、立民からの新党提案を巡り、国会内で会談した。平野氏は合流後の党名について「民主的な手続きで選定すべきだ」と文書で見解を伝えた。福山氏は「しこりを残したくないので、できれば表決ではない方法について知恵を出したい」と述べた。

 両幹事長は、消費税減税と憲法論議の進め方について、新党の綱領作成作業の中で議論する方針で一致した。国民の玉木雄一郎代表が、事前に認識を一致させるべきだと提起していることを踏まえた。平野氏は両党が解散して新党を結成するなど、党名以外の立民の提案には賛成した。