長崎県佐世保市で2014年7月、高校1年の女子生徒=当時(15)=が同級生の元少女(21)に殺害された事件から6年になるのを前に、2人が通っていた高校で22日、校長が校内放送で講話し、亡くなった女子生徒を追悼した。

 校長は講話で「二度と同じことが起きないよう、誓いを新たにしたい。生きていることのありがたさを感じながら、これからも大切に過ごしていってほしい」と述べた。生徒や教職員計約1100人がそれぞれの教室で聞き、最後に黙とうした。

 長崎家裁は15年7月、「刑罰による(再犯の)抑止効果がない」として保護処分を決め、元少女は医療少年院に送致された。