新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に立たされている観光業界に対する政府の支援事業「Go To トラベル」が22日、東京都を除く46道府県で始まった。冷え込んだ旅行需要の起爆剤と歓迎する声がある一方、県境を越えた感染拡大につながる恐れも指摘される。期待と不安が交錯する中、初日を迎えた。

 23~26日の4連休は、もともとは東京五輪開幕を見込んで設けられた。北アルプスの新穂高ロープウェイは観光客を見込み、日本唯一の2階建てゴンドラを新調。成田空港では約3カ月ぶりに、格安航空会社(LCC)の運航に使われるB滑走路の運用を再開する。