【ワシントン共同】トランプ米大統領は21日、今年実施されている10年に1回の国勢調査で、連邦下院の議席配分を決める統計データから不法移民を除外するよう命じる大統領覚書に署名した。野党民主党の地盤は移民が住む地域が多く、与党共和党に有利にする狙いがあるとみられるが、米メディアによると「違憲」と反発があり、法廷闘争に発展しそうだ。

 憲法は各州の人の数に基づき下院議員を各州に配分すると規定。トランプ氏は覚書で、仕事などで滞在する外国人は除外されてきたことなどを例に挙げ「物理的に州内にいる人全員とはみなされていない」と主張した。