沖縄県は21日、政府の観光支援事業「Go To トラベル」が22日から始まるのに合わせ、那覇空港の発着便の利用者に発熱の症状などがあった場合、唾液を採取し、医療機関で新型コロナウイルスの抗原検査を実施すると明らかにした。

 玉城デニー知事は21日の記者会見で「経済活動が徐々に活発になっていく。水際対策の強化など、新型コロナウイルスの感染予防対策の徹底が重要だ」と述べた。

 検査は30~40分ほどで結果が出る。陽性だった場合、県内の医療機関に搬送される。県は今後、空港の検疫所で抗原検査を実施できないかどうか、国と調整している。