日本スケート連盟は21日、大阪府泉佐野市の関空アイスアリーナでフィギュアのシニア強化合宿を報道陣に公開し、2022年北京冬季五輪プレシーズンの今季からシニアに参戦する男子の鍵山優真(神奈川・星槎国際高横浜)と佐藤駿(埼玉栄高)の高校2年生コンビが複数種類の4回転ジャンプを着氷させて好調ぶりをアピールした。

 冬季ユース五輪王者の鍵山はショートプログラム(SP)でジャズの「テイク・ファイブ」、フリーで映画「もののけ姫」の音楽を使う。練習で好調だったサルコーを新たに入れ、フリーでは2種類3度の4回転で勝負する意向だ。