【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)首脳会議は21日、新型コロナウイルスで打撃を受けた欧州経済再建のための総額7500億ユーロ(約92兆円)の「復興基金」を創設することで合意した。資金はEU欧州委員会が債券を発行し、市場から調達。事実上の債務の共有化で初めて合意し加盟国の結束を示した。2021~22年を中心に加盟国に配分され、気候変動対策や経済のデジタル化などEUの最重要課題に重点投資する。

 ミシェルEU大統領は21日の会議終了時の記者会見で「欧州が行動力のある集団であることを示す具体的シグナルだ」と自賛した。