兵庫県明石市役所の当直用仮眠室で、施錠した自分のロッカーに目覚まし時計を置いて数時間ごとにアラームを鳴らし、同僚の仮眠を妨げたとして、市が40代の男性職員を厳重注意処分にしていたことが21日、市への取材で分かった。処分は昨年7月。職員は調査に「夜でも起きているべきだと思い、起こしてやろうと思った」と説明した。

 市によると、2018年11月~19年3月の8日間、60代の同僚職員の勤務日を狙い、ロッカーに目覚まし時計をセット。同僚は繰り返し起こされたが、アラームを止められなかった。