【ソウル共同】韓国の電機大手、LG電子は21日までに、呼吸に連動してフィルター越しに空気を入れ替える小型ファンを搭載した新型マスクを開発した。新型コロナウイルスの感染拡大が長期化する中、医療従事者の夏場の負担を軽減する狙いで、今月10日に韓国の大学病院に2千個を寄付した。

 韓国では地下鉄やバスなどの公共交通を利用する際はマスク着用が義務付けられ、繁華街でもマスクを外す人はまれだ。このため通気性の高い夏用の製品の需要が高まっている。

 LG電子の新型マスクは一般向けの販売時期や価格は未定。重さは130グラム近くで、市販されている不織布のマスクより重い。