在日米軍司令部(東京・横田基地)は21日までに、ホームページ(HP)で日本国内にある基地別の新型コロナウイルス感染者数を公表した。16日時点で、10基地の計140人が陽性。既に陰性となった人は含まれないとみられる。

 HPによると、最多は普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の64人で、キャンプ・ハンセン(同県金武町など)が51人で続く。沖縄県内は計123人で全体の9割近くを占める。沖縄県外では、横須賀基地(神奈川県横須賀市)が8人、三沢基地(青森県三沢市)と岩国基地(山口県岩国市)がそれぞれ3人などとなっている。