社民党の福島瑞穂党首は21日の記者会見で、立憲民主党との合流協議を巡り、立民と国民民主党が合流した場合は前提条件が崩れるとして、慎重に党内議論を進める考えを重ねて強調した。「大きく前提が変わる可能性がある。それも含めて議論していきたい」と述べた。

 立民が国民に対し、両党が解散した上での新党結成を提案していることを踏まえ「立民ではなく、違う大きな新党との合流になる可能性が出てきた」と指摘。「状況が極めて流動的になっている。どうするかは党員ときっちり話をしていきたい」と語った。