独自の発想に基づいてプログラムで制作したアプリやロボットなどの作品を競う「全国選抜小学生プログラミング大会」が全国で開催される。年末までに地方予選を実施し、来年3月に東京で決勝大会を開く。

 主催は共同通信社と加盟する新聞社でつくる全国新聞社事業協議会。大会のテーマは「もっと好きになる わたしたちのまち」とした。

 応募資格は来年3月卒業予定の6年生以下の小学生で、個人、団体どちらでも参加できる。発想力や表現力を重視する。全国各地の加盟新聞社などが地方予選を実施する。応募方法などが決まり次第、大会ホームページに記載する。https://zsjk.jp/