山口県岩国市の国名勝「錦帯橋」をバイクで走行したとして、山口県警岩国署は21日、文化財保護法違反の疑いで、同県岩国市南岩国町、建設作業員船橋健太容疑者(40)を逮捕した。

 逮捕容疑は、17日午後6時40分ごろ、岩国市の錦帯橋をバイクで走行し、橋板にタイヤ痕を付着させて汚損するなどした疑い。

 岩国市錦帯橋課によると、同時刻に市民から「バイクが錦帯橋を走っている」と市や岩国署に通報があった。木製の橋板550枚のうち、322枚にタイヤ痕が付着していたという。

 錦帯橋は1922年に名勝に指定。車両の通行は禁止されている。