カトリック長崎大司教区(長崎市)の司祭らからパワハラを受け、心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症し休職を余儀なくされたとして、教区の50代女性職員が長崎労働基準監督署に労災申請することが21日、分かった。女性の代理人弁護士が長崎県諫早市で記者会見し、明らかにした。

 弁護士によると、女性は2017年に教区に開設された「子どもと女性の人権相談室」の窓口担当者で、聖職者による性被害などの相談を信徒から受けていた。

 女性は19年2月、100人以上の司祭らを前に教区幹部から叱責されるなどして体調を崩し、今年6月末から休職を余儀なくされたとしている。