2016年4月の熊本地震と、その後の大雨で被災した熊本県山都町の石造りアーチ式水路橋「通潤橋」が21日、4年ぶりに放水を再開した。

 午前11時ごろ、カウントダウンとともに橋の中央部から水が噴き出し、見守っていた地元保育園の園児ら約100人が歓声を上げた。上田真大ちゃん(6)は「水の音が大きくて迫力があった。パパとママも連れてきてあげたい」とうれしそう。

 熊本市から約30年ぶりに訪れた会社員山崎修さん(38)は「滝のような勢いで水しぶきが飛んできた」と笑顔を見せた。

 谷に架けられた通潤橋は、地震や大雨で石垣が崩落するなどした。今年3月に復旧工事を終えた。