【ロンドン共同】EU加盟国が中国通信機器大手ファーウェイの製品を5G移動通信システムから排除することを決めた場合の措置として、中国政府が北欧同業のノキアとエリクソンに対し、報復を検討していることが20日明らかになった。米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版が報じた。

 ファーウェイを巡っては、英国が5G通信網から27年までに排除することを決定。中国政府は北欧2社への報復措置を講じることでEU加盟国をけん制し、ファーウェイ製品の採用を促したい考えだ。

 中国商務省は報復として、ノキアとエリクソンが中国で生産した製品の他国への輸出を制限する案を検討している。