国際オリンピック委員会(IOC)で最古参のディック・パウンド委員(78)=カナダ=が20日、共同通信の電話取材に応じ、新型コロナウイルス感染拡大で来年夏に延期された東京五輪について「2021年開催が残された唯一のチャンス」と述べ、24年パリ大会や28年ロサンゼルス大会を4年ずつ繰り下げて再延期する選択肢に否定的な見解を示した。

 弁護士でもあるパウンド氏はIOCと大会組織委員会で検討を進める大会の簡素化に関し「効率的な運営の五輪モデル」として開閉会式の規模縮小や観客削減を支持。「象徴的な開会式は全体の価値を落とさず規模を落とす方法はある」と語った。