新型コロナウイルスの感染再拡大により、8月から収容人員の50%まで動員可能となるイベント制限の緩和を政府が再検討する可能性が出ており、プロ野球の各球団が対応を迫られている。チケット販売を見合わせる動きが相次いだ。

 入場者数を1万8千人に引き上げる計画だった阪神は緩和時期の見直しを想定し、21日に始まる予定だった8月6日までの試合の先行販売を一時見合わせた。巨人も1万9千人への拡大を凍結し、当面5千人を維持する方針。山口寿一オーナーは「東京を中心に感染者が増えている。5千人を前提として、仮に許されるのなら前売りのチケットを増やしていく」と述べた。