東京都や新宿区、繁華街の事業者らが20日夜、新型コロナウイルスの感染が多発している国内有数の繁華街・歌舞伎町のホストクラブやキャバクラを1軒ずつ訪れ、感染対策を直接要請するキャンペーンを実施した。23日からの4連休を前に拡大を防ぐ狙い。21日までの2日間で一帯の約300店舗を巡回する。

 ほかに警視庁新宿署なども参加して10班を編成。フェースシールドに加えてマスクを着用した接客や、客ごとに対応スタッフを決めるなど、対策のポイントをまとめたチラシやチェックリストなどを配布し、協力を依頼することにした。