サッカーのJリーグは20日、オンラインで臨時の実行委員会を開き、新型コロナウイルスの感染者増加を受け、8月1日からの観客数の上限引き上げを見送る方針を決めた。同10日まで現在の上限5千人の運用を続ける。委員会後、村井満チェアマンが記者会見して明らかにした。

 Jリーグは政府指針に沿い、今月10日から5千人を上限に観客の受け入れを開始した。8月から収容人員の50%へ上限を引き上げる予定だった。

 西村康稔経済再生担当相は感染者増加の状況に、プロスポーツなどの入場者数の制限緩和を再検討する意向を示していた。