女性向けアパレルのジャパンイマジネーション(東京・渋谷)は20日、人気ブランド「セシルマクビー」の全43店舗を今年11月までに閉店し、店舗事業から撤退すると発表した。ファッションビル「渋谷109」に入る主力店舗も閉める。新型コロナの影響による販売不振が響いた。

 「ビーラディエンス」など他の4ブランドについても店舗事業から撤退し、セシルマクビーの43店舗を含め全体の9割に当たる計92店舗を11月までに順次閉める。従業員570人の大半を解雇し、再就職を支援するという。

 セシルマクビーは1990年代から2000年代にかけ10~20代の女性を中心に人気を集めた。