【ロサンゼルス共同】米プロバスケットボールNBA、ウィザーズの八村塁が19日、フロリダ州オーランド近郊でオンライン取材に応じ、22日(日本時間23日)に始まる練習試合に向けて「やっと戻れるなと、すごく楽しみ」と心を躍らせた。

 この日の5対5の練習では守備でリバウンドを奪うと、ドリブルでそのまま攻めてダンクを決めたという。ブルックス監督は「とても印象的だった」と満足感を示した。

 主力のビールらが欠場する中、同監督が「彼にはさらに大きな役割を担う機会がある」と語るように、リーダーの役割も期待される。八村も「僕はプレーで引っ張りたい」と自覚を口にした。