大相撲の西横綱鶴竜(34)=本名マンガラジャラブ・アナンダ、モンゴル出身、陸奥部屋=が7月場所2日目の20日、休場した。師匠の陸奥親方(元大関霧島)によると、初日の平幕遠藤戦で金星を与えた際に右肘を痛めた。4カ月ぶりに開催された本場所は、早くも白鵬の一人横綱という事態となった。

 13日の稽古で痛め、初日の取組で悪化させたという。陸奥親方は右肘靱帯損傷などで全治2週間と説明し「(初日に)右手から落ちて肘を痛めた。(相手に)当たるのが怖くなるから、しっかりと治した方がいい」と話した。

 鶴竜の休場は1月の初場所以来16度目。