【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は20日、金正恩朝鮮労働党委員長が平壌総合病院の建設現場を視察したと報じた。日時は不明。工事の進み具合に満足の意を示す一方、設備や資材の確保を担当する組織が人民に負担を押し付けていると叱責し、幹部らを全員交代させるよう指示した。

 国防力強化の一方で、人民生活向上に取り組む姿勢をアピールする狙いがあるとみられる。20日付の党機関紙、労働新聞は、金氏や急ピッチで建設が進む病院の建物の写真を1面に掲載した。

 北朝鮮メディアは19日、金氏が18日に党中央軍事委員会で「戦争抑止力」強化を討議したと伝えており、動静報道は2日連続。