【イスタンブール共同】トルコのエルドアン大統領は19日、イスラム教のモスク(礼拝所)とすることを決定してから初めて、イスタンブールの世界遺産アヤソフィアを視察した。24日の金曜日に最初の集団礼拝が予定されており、準備状況を確認した。

 アヤソフィアは6世紀にキリスト教の大聖堂として建設され、オスマン帝国時代にモスクとなった。20世紀に無宗教の博物館と定められたが、今月10日、エルドアン氏が再びモスクとすることを決定した。内部には歴史的なキリスト教の壁画が残されているが、地元メディアによると、礼拝の時間帯はカーテンなどを使って隠される計画だ。