サッカー女子のプレナスなでしこリーグは19日、東京・味の素フィールド西が丘などで1部の開幕節の残り2試合が行われ、6連覇を目指す日テレはノジマステラ神奈川相模原に1―0で勝って白星発進した。後半終了間際に土光がロングシュートを決めた。

 もう1試合は、新潟がマイナビ仙台を1―0で退けた。途中出場の園田瑞が後半35分に決勝点を挙げた。なでしこリーグは新型コロナウイルスの影響で開幕が約4カ月遅れ、18日に始まった。