楽天の安部井寛チーム統括本部長は19日、楽天生命パーク宮城で西武の捕手が構えたコースを伝える声が観客席から聞こえたと前日18日に西武から指摘された件で、今後は同じような事例が起きた場合には観客を退場させる方針を示した。「警備や場内アナウンスによる注意をさらに強化していく」と説明した。

 試合前に西武側と協議した。楽天によると声を出した該当者は特定できていないという。西武の辻発彦監督が18日に「サイン盗みと一緒」とコメントしたことに、安部井本部長は「声を発したお客さんに対してであり、楽天に対してではないと(西武から)説明していただいた」と語った。