政府は、文具やおもちゃといったプラスチック製品を資源ごみとして分別回収するよう、市区町村に要請する方針を固めた。新たな分別区分「プラスチック資源」を新設、洗剤ボトルや弁当容器などプラ製容器包装と一括回収する。海洋プラごみ問題などを背景に、排出抑制の動きが世界で広がる中、リサイクル拡大を目指す。

 政府のプラスチック資源循環戦略に基づく具体策を検討している環境、経済産業両省の有識者会議へ21日、制度案を提示。法整備、自治体の負担軽減策も検討する。

 新たに分別回収するのは、ほかに洗面器やバケツ、台所回りなどのプラ製品。