大阪府は19日、新たに未就学児1人、10~80代の男女88人の計89人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。5月の緊急事態宣言解除後の最多を更新。府内の1日の最多感染者は緊急事態宣言中の4月9日の92人で、これに次ぐ人数となった。

 感染疑いに対する検査は846人分実施し、陽性率は10・5%。陽性者の6割以上の59人は感染経路が分かっていない。府内で確認された感染者は計2420人となった。府内の感染確認は今月15日以降に急増しており、18日は86人だった。

 感染状況を判断する独自基準「大阪モデル」は警戒を示す黄信号が点灯している。