時事通信社は19日、本社編集局の内勤社員1人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同社によると、社員は発熱などの症状が出たため17日にPCR検査を受け、18日に陽性と判明。社外で対面の取材活動はしていないという。接触した可能性のある社員らには自宅待機を指示した。

 同社では、熊本県で豪雨被害を取材していた30代の男性カメラマンも陽性が判明。今回の内勤社員との接触は確認されていない。時事通信社社長室は「今後も取材先を含むコミュニティーの感染防止と安全確保に全力で取り組む」としている。