立憲民主党の枝野幸男代表は19日、豪雨で甚大な被害が出た熊本県を視察し、新型コロナウイルスの影響で受け入れが難しい県外からのボランティアが無償でPCR検査を受けられる態勢を整えるべきだと訴えた。同県人吉市で記者団に「大変な人手不足で困っている。希望者が国の費用で検査を受け、被災地に入る仕組みを早急に作らなければならない」と述べた。

 同時に「災害復旧をボランティアに依存している構造自体が、先進国ではない。われわれが政権を取ったら、政府のチームが責任を持って仕事をするシステムを作りたい」とも語った。

 枝野氏は、熊本県庁で蒲島郁夫知事と意見交換した。