野球の独立リーグ、四国アイランドリーグplusの運営事務局は19日、高知を除く加盟3球団の選手、監督、コーチら計146人全員が新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査で陰性判定を受けたと発表した。

 1選手の感染が判明した高知は、濃厚接触者と特定された34人全員が15日までにPCR検査で陰性と判定されていた。

 リーグは13日から試合を中止しているが、24日に徳島がホームで行う香川戦から観客を入れて試合を再開する。高知の試合は7月中は全て中止とする。