東京都は19日、新型コロナの新たな感染者が188人報告されたと明らかにした。1日当たりで200人を下回るのは4日ぶり。累計は9411人となった。

 都内では16日286人、17日293人、18日290人と、3日連続で300人台に迫っていた。最近の傾向は夜の繁華街関連に加え、友人らとの会食や、職場や家庭内での感染も目立つ。若年層が多くを占めるが、高齢層への広がりも見られる。

 都内は緊急事態宣言が解除された5月下旬以降に感染者の増加傾向が続き、今月はほぼ3桁で推移している。都は15日に感染の警戒度を4段階の指標で最も高い「感染が拡大している」へ引き上げた。