立憲民主党の逢坂誠二、国民民主党の泉健太両政調会長は19日のNHK番組で、両党の合流にいずれも前向きな姿勢を示した。逢坂氏は「国会でも政策的にも統一感を持って活動しており、必ずうまくいく」との見通しを表明。泉氏も「政策の一致は間違いなくできる」と同調した。

 合流を巡っては、国民の玉木雄一郎代表が消費税減税や憲法論議の在り方について事前協議を求めている。泉氏は「消費税率だけが上がり続けたという問題意識は両党で共有している。憲法に対する考え方も基本的に一致している」と述べた。

 逢坂氏は「野党が小さな固まりで対立するのは、国民にはプラスにならない」と述べた。