【ブリュッセル共同】新型コロナウイルスで打撃を被った欧州経済を立て直すため、7500億ユーロ(92兆円)の「復興基金」の創設などを協議していた欧州連合(EU)非公式首脳会議は18日、基金が返済不要の補助金中心である点にオランダなどが合意しないまま、2日間の日程を終えた。EUは日程を延長し、19日も協議を行う。

 ミシェルEU大統領は18日、オランダやオーストリア、北欧諸国の主張を受け、返済不要分を会議前に提示した5千億ユーロから4500億ユーロに減らし、逆に融資分を2500億ユーロから3千億ユーロに増やす修正案を提示した。