ヤクルトが快勝した。2―2の五回に西浦、エスコバーの連続適時打で3点を勝ち越し、六回は村上の2点二塁打などで3得点。小川が6回2失点で、開幕から無傷でリーグ単独トップの4勝目。広島は床田が試合をつくれなかった。