立憲民主党の枝野幸男代表は18日、国民民主党との合流協議を早期に決着させたいとの意向を強調した。両党を解散して新党「立憲民主党」を結成するとした立民提案に対し、国民側から回答が来ていないとして、横浜市で記者団に「できるだけ早く結論を出さなければいけない。真摯に正面からお答えいただけると信じている」と語った。

 新党名を巡り、国民の玉木雄一郎代表が投票など民主的手続きで決めるべきだと主張していることに関しては「国民側から答えをいただいた上で、検討したい」と述べるにとどめた。一方で「苦渋の判断で提起したものだ」とし、譲歩した提案だとして受け入れるよう求めた。