乗客乗員520人が亡くなった1985年の日航ジャンボ機墜落事故から35年になるのを前に、日航と機体の整備に当たるグループ会社の社員ら約50人が18日、群馬県上野村の墜落現場の麓にある「慰霊の園」を清掃した。

 社員らによる清掃は、毎年8月12日に開かれる追悼慰霊式に備え、この時期に実施。今年は新型コロナの感染拡大を受け、式は縮小されるものの、社員らは雨の中、高圧洗浄機で慰霊塔の汚れを落とした。

 グループ会社、JALエンジニアリングの新入社員、河田智佳さん(24)は「亡くなった方がどんな気持ちで飛行機に乗っていたかを考えながら清掃した」と話した。