【シドニー共同】9月19日のニュージーランド議会(一院制、基本定数120)総選挙まで2カ月となった。アーダン首相は迅速な対応で新型コロナウイルスの感染拡大を抑制した手腕が評価され支持率が上昇。同氏が率いる労働党が勝利し、政権を維持する勢いだ。

 「ウイルスの攻略本はなかった。しかし(人口)500万人のチームとして多くを達成した」。アーダン氏は5日の労働党大会でこう述べ、中小企業向けの融資制度の期限延長やインフラ改良を公約。「動き続けよう」と呼び掛けた。

 調査会社の6月の世論調査では、労働党の支持率は54・5%と最大野党国民党の27%に大差をつけた。