【ブリュッセル共同】新型コロナウイルスで打撃を受けた欧州経済の復興を巡って17日開幕したEU非公式首脳会議で、創設が提案された巨額の復興基金が返済不要の補助金中心であることなどにオランダが猛反対し、協議は初日から行き詰まった。

 コロナ被害が甚大で、基金の多くを受け取る見込みのイタリアやスペインなど南欧諸国の財政に対する不信感が背景にある。

 ミシェルEU大統領は首脳会議に計7500億ユーロ(約92兆円)の基金案を提示した。5千億ユーロが補助金で、残りが融資。 オランダのルッテ首相は、基金は融資中心にすべきだと主張。オーストリアのクルツ首相らも同調した。