千葉県こども病院は17日、2016年に1歳だった女児に行った心臓カテーテル手術で、血管内に設置した金属製コイル(直径約2ミリ)が流れ、脳の血管に入り込む事故があったと発表した。一時的に腕や脚にまひが起きたが、病院によると、後遺症はない。コイルは取り出せておらず、経過観察を続ける。

 病院によると、女児には先天性心疾患があり、16年5月、心臓から肺に余分な血液が行かないよう、カテーテルを使い血管の一部をコイルでふさぐ手術をした。その際、造影剤を注入して血管を確認する工程を省いたため、6本挿入するコイルのうち1本が誤った位置に挿入され脱落、脳の血管まで流れた。