東京五輪の組織委員会は17日、新型コロナウイルスの感染拡大で来年夏に延期となった大会の会場と詳細な競技日程の枠組みを維持すると発表した。7月第4金曜日から17日間で開催する計画のまま日付が1日ずつ前倒しとなり開会式は7月23日午後8時から行われる。競技は開幕2日前(21日)に福島県営あづま球場でのソフトボール日本戦でスタートする。

 組織委の森喜朗会長が17日の国際オリンピック委員会(IOC)総会で報告した。8月8日の閉会式まで史上最多33競技339種目を行う。変更点は重量挙げの一部で開始を30分~1時間遅らせるなど競技時間や実施順の微調整にとどまった。