自民党の岸田文雄政調会長は17日、大阪市を訪れ、関西経済連合会の松本正義会長らと会談し、新型コロナウイルス感染拡大防止と経済の両立を巡って意見交換した。次期党総裁の座を争う「ポスト安倍」レースで重要な地方での支持拡大を図る狙いがある。ライバルで、地方人気が高い石破茂元幹事長への対抗心も見える。

 「目に見えない敵との闘いに、皆さんと力を、そして心を合わせて努力したい」。岸田氏は会談で、コロナの影響で大きな打撃を受けた経済の再生に全力を尽くす考えを強調した。

 コロナ禍を受けた今回の大阪入りについて、岸田氏周辺は「総裁選をにらんだ石破氏対策だ」と打ち明ける。