静岡県は17日、リニア中央新幹線静岡工区を巡り、トンネル本体掘削に先立つ準備工事着手について大井川流域の市町に個別に説明したいとする国土交通省の要請に対し、10市町全てが受け入れる意向を示したと明らかにした。県は同日、国交省に報告した。

 国交省の担当者は取材に「流域市町の不安を直接聞きたい」として、面会に向けた調整を進める考えを示した。

 県はトンネル掘削による大井川の流量減少を懸念。10日の藤田耕三国交事務次官との会談で提案された準備工事着手は「本体工事と一体で認められない」としており、10市町との会議でも、提案を容認しないことで合意したとしている。