【マニラ共同】フィリピンのロケ大統領報道官は17日、就労など長期滞在ビザ(査証)を保有している外国人の入国を8月1日から認めると発表した。新型コロナウイルスの水際対策として、3月下旬から外国人の入国を拒否していた。

 対象は、発給済みで入国時に有効期限内のビザを持っている外国人。入国直後に隔離が義務付けられる。政府筋によると、フィリピンに滞在していたものの国外に退避し、再入国できなくなっている企業駐在員を主に想定している。新規ビザの申請は引き続き受け付けない。

 フィリピン日本人商工会議所など各国経済団体が入国制限を見直すようフィリピン政府に働き掛けていた。