サントリービールは17日、ノンアルコールビール「オールフリー」を全米で発売すると発表した。インターネット通販大手アマゾン・コムなどが今月中にも取り扱いを始める。健康志向の高まりを背景にノンアルの需要は世界的に高まっており、サントリーは米国を足掛かりとして販売先を拡大させる考えだ。

 米国人の好みに合うよう、香りや風味がより引き立つよう工夫した。甘味料は不使用。ネット通販に加え、これまでロサンゼルスなど一部の地域に限定していた小売店の販路を全米に広げ、3~5年後に年間で約3600万本の販売を目指すとしている。パッケージも新たにデザインした。