立憲民主党は17日午前、両院議員懇談会を国会内で開き、執行部が国民民主党に示した合流に関する提案を了承し、対応を枝野幸男代表と福山哲郎幹事長に一任すると決めた。枝野氏は、両党を解散して新党を結成するとの提案に関し「苦渋の判断をする中で、一定の前進をしている状況だ」と述べ、実現に重ねて意欲を表明した。国民は午後、所属国会議員と地方組織代表者を集めた会合を開いた。立民の提案への対応を議論する。

 立民の提案では、両党はいずれも解散し「新設合併方式」で新党を結成する。党名は立憲民主党、略称・通称は民主党とし、結党大会で代表選を実施する。