「時代屋の女房」などを手掛けた映画監督の森崎東(もりさき・あずま)さんが16日午後10時15分、脳梗塞のため神奈川県茅ケ崎市の病院で死去した。92歳。長崎県出身。

 山田洋次監督らの助監督を担当、「男はつらいよ」シリーズ第1作の共同脚本も担った。1969年「喜劇 女は度胸」で監督デビュー。翌年「男はつらいよ フーテンの寅」を監督した。「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」など人情喜劇の名手で知られた。

 三国連太郎さんと佐藤浩市さんの親子共演作「美味しんぼ」も話題に。「ニワトリはハダシだ」は東京国際映画祭で最優秀芸術貢献賞を受賞した。